訪問診療・往診について

通院が難しい方のご自宅・施設に、定期的な訪問診療(月2-4回)を行います。
必要に応じて臨時の往診(24時間対応)や適切な紹介、当院での入院対応を行います。
定期訪問を行っていない方への突発的な往診のみの対応は原則として行っておりませんのでご了承ください。

訪問診療を行っている患者さんの例)

  • 脳卒中後遺症
  • 慢性の病気(心不全、関節リウマチなど)
  • 神経難病(パーキンソン病など)
  • 認知症
  • 腰痛・膝痛
  • 癌(がん) 等のため、通院が難しい方

訪問診療の流れ

問い合わせの流れについて

介護保険をお持ちの患者さまは担当のケアマネージャーさんにご相談下さい。 それ以外の場合は、
まず電話でのご連絡をお願いいたします。 以下の流れで訪問診療を開始させていただきます。

1.初回のご相談

まず当院へお電話にてご連絡いただき、看護師が概要を伺います。
   ⇒TEL:082-546-0185
診療情報提供書やお薬手帳、フェイスシート等の資料があれば、
FAXでいただけるとスムーズです。
   ⇒FAX:082-546-0183

2.クリニックよりご連絡
情報を確認させていただき、クリニックより訪問診療の可否につきご連絡差し上げます。

診療可能な場合は、
  • 主治医からの診療情報提供書を依頼します。(送付未であれば)
  • ①初回訪問日、または ②退院前カンファレンスの日程調整を行います。
  •  (※可能な範囲でご本人、ご家族に一度外来にお越しいただけると、入院病棟の見学や、
      訪問開始前の検査や説明が可能です)

3.訪問開始
  • 初回時に契約に関する書類をお渡しいたします。(事前の外来受診がない場合)
  • 原則として月に2回の定期的な訪問診療を行います。
  • 必要に応じて臨時の往診や適切な紹介、当院での入院対応を行います。

*医師が定期的に訪問し、急変時には24時間体制で対応します。
*胃ろうや人工呼吸器などの医療機器を用いて生活している方のご自宅にも訪問します。
*必要に応じて当院に入院し治療・療養できます。

訪問エリアについて

おおむね市内の三角州内に伺います。
必要性や緊急性が高い場合は、エリアを広げての対応も検討いたしますので適宜ご相談ください。
   ⇒TEL:082-546-0185

在宅訪問診療に係る基本費用例

1.訪問診療(定期)が月2回の場合
保険負担 自己負担金額
1割の人 6,660円 ~ 7,460円
2割の人 13,320円 ~ 14,920円
3割の人 19,980円 ~ 22,380円
2.訪問診療(定期)が月4回の場合
保険負担 自己負担金額
1割の人 8,320円 ~ 9,120円
2割の人 16,640円 ~ 18,240円
3割の人 24,960円 ~ 27,360円

※臨時往診、検査、点滴など別途費用がかかることがあります。

※高額療養費制度についてはこちら

入院診療について

下記のような患者さんにご入院いただける、12床(個室:8部屋、2人部屋:2部屋)の入院病床があります。

  • 外来および在宅患者さんの検査・治療
  • 介護者の休息を兼ねた在宅患者さんの治療・療養
  • 総合病院等から転院し、在宅療養の準備が整うまでの治療・療養
  • 緩和ケア(痛みなど苦痛な症状を和らげ、患者さんが最期まで自分らしく生きるサポート)
※入院期間は概ね2週間程が目安ですが、病状(癌の末期など)によりその限りではありません。

入院に係る基本費用例

  • 当院は健康保険法による保険医療機関の指定を受けており、入院費は診療報酬に基づいております。
  • 入院費用として、治療費以外に自費が必要です。また、有料個室をご使用の方は1日につき指定の金額を頂いております。(下記参照)
自費料金(1日あたり)
設備費 500円
個室代 0円、1,000円、3,000円、5,000円、8,000円、10,000円
その他 タオル、オムツ代、病衣等使用された場合、それぞれ別途自費料金がかかります
お食事の自己負担金※H30.4.1〜 一般の方は1食460円に変更となりました
一般の方 460円/1食
非課税世帯の方 210円/1食
非課税世帯のうち所得が一定基準に満たない70歳以上の方 100円/1食

※指定難病患者の方の自己負担は260円です

入院費用自己負担額具体例
入院基本料+食費(一般の方)+設備費+個室代0円の場合
1日あたり 1割 3,050円 2割 4,220円 3割 5,390円
1週間あたり 1割 19,550円 2割 27,740円 3割 35,930円

※上記は基本的な入院費用の概算となります。
 保険の種類や検査、治療内容により入院費用は異なります。

※高額療養費制度についてはこちら



このページの先頭へ